障害への対応(申請書およびガイドライン等)


登録見舞金制度について

(公財)日本ラグビーフットボール協会では、安全対策委員会を中心に、ラグビーフットボール競技の安全対策に努める一方、傷害に対する見舞金制度を整備しています。申請等の詳細はリンクよりお進みください。


重症事故報告

この報告書は事故発生後、3日以内に報告してください。不明の点は後日判明次第報告のこと。 また、死亡以外の重症傷害については、第一回目の報告後、2カ月後と6カ月後にその後の病状をご報告ください。共にPDF書類としてご用意しています。申請等の詳細はリンクよりお進みください。


脳振盪ガイドライン等について 

脳振盪や脳振盪の疑いが発生した場合には報告の義務があります。その後の競技復帰には「競技復帰のための証明書」を提出していただくこととなります。脳振盪に関する資料や申請等の詳細はリンクよりお進み下さい。


夏季の練習についての注意ならびに夏合宿に向けて

安全対策委員会では「夏季の練習についての注意」として「夏合宿を前に」「夏季の大会運営について(熱中症対策)」「雷に関する注意」「脳振盪が疑われる場合は」「感染症の予防について」「食中毒の予防について」に関する文書をホームページで掲載しています。ここ数年、猛暑が続き、また夏季の公式戦も増え、選手の暑熱対策がこれまで以上に求められます。練習環境に十分な注意を払い、慎重かつ万全な熱中症対策をお願いいたします。詳細はリンクよりお進みください。