2022安全・インテグリティ推進講習会について

2022年2月28日

日本ラグビーフットボール協会

安全対策委員会

 

  ラグビー競技において重症事故を撲滅するため、日本協会に報告された重症事故事例や2021安全インテグリティ推進講習会の受講者アンケートにおける意見・要望等を踏まえ、2022安全・インテグリティ推進講習会(以下「講習会」)を実施します。

  また、日本ラグビーとして取り組むべきインテグリティに関する課題を共有し、対策をお伝えします。(インテグリティとは、ハラスメント・暴力行為・ドーピングなどの問題行動を決して行わないという健全性に加えて、マナー・規律・スポーツマンシップなどのラグビーが持つべき倫理性・高潔性を含む概念です。)

本講習会は、2021年度と同様にオンライン講習会で開催します。

 

1.受講対象者

・チーム登録を目的としたチーム責任者(必須)

・コーチ、スタッフ、選手、選手の保護者など(任意)

注)当講習会の受講は、チーム登録の義務となっています。

「チームの登録等に関する規程」(第6条1(3)) 

 

2.受講期間

・チーム責任者  :2022年3月1日(火)から2022年5月31日(火)

(チーム登録処理は7月以降も可能ですが、原則として6月末までに完了してください)

・チーム責任者以外:2022年3月1日(火)から2023年2月28日(火)

 

3.講習会内容(100分)

(1) 挨拶  日本協会専務理事   岩渕健輔(3分)

(2) 安全対策

①安全なラグビーの実現に向けて(28分) 安全対策委員会委員長   齋藤守弘

②【医務】ワールドラグビーの安全対策と脳振盪(24分)安全対策委員会委員  佐藤晴彦

③【医務】ラグビー外傷・障害対応マニュアル改訂(13分)安全対策委員会委員  山田睦雄

➃【コーチ】指導者資格制度とコンタクトロード(5分) 安全対策委員会委員 川合レオ

(3) インテグリティ

・インテグリティへの取り組みのお願い(18分)インテグリティ推進部門部門長  齋藤守弘

参考動画:ラグビー憲章 5つのコアバリュー(3分)

 

4.受講手順

【ステップ1】WR(ワールドラグビー)eラーニング受講  

※登録チーム責任者は受講必須(その他の方は任意)

・「Rugby Ready」

・「Concussion(脳振盪一般向け)」

・合格証明書提出は必要ありません。「ステップ3」アンケート内に受講情報を入力していただきます。

受講手順はこちらのリンクを参照してください。

 

【ステップ2】ビデオ視聴

・受講者はこちらのリンクまたはQRコードからビデオを視聴してください。(チーム責任者は2022年5月31日まで)

(2022年3月1日から視聴可能)

 

・説明資料はこちらのリンクまたはQRコードからダウンロードしてください。

・ラグビー外傷・障害対応マニュアル(2022年度版)については、書籍発行も行っております。

こちらのリンクら購入可能です。PDFもご活用ください。

ダウンロード
ラグビー外傷・障害対応マニュアル(2022年版)
HP用-ラグビー外傷・障害対応マニュアル2022.pdf
PDFファイル 7.5 MB

(2022年3月1日からダウンロード可能)

 

【ステップ3】確認テスト・アンケート回答

・ 受講者はビデオ視聴後、こちらのリンクまたはQRコードからアンケートに回答してください。(チーム責任者は2022年5月31日まで) 

 注意事項)

1. 必ずチーム登録の際に使用した漢字でお名前を入力してください。

2. 複数チームを担当する方は、所属チームの数だけアンケートに回答してください。

3.チーム番号は、7桁の番号です。

4.所属チームがない方、チーム登録が目的でない方は、チーム番号を「0000000」で入力してください。

 

【ステップ4】ラグビーファミリー(登録システム)への受講者登録

・受講者のアンケート提出を確認後、日本協会にてラグビーファミリー(登録システム)への受講者登録を行います。※受講者が登録作業をする必要はありません

・受講実績の反映は、2022年3月末以降になります。(受講結果の反映には、受講後1週間程度を要します)

・本講習会の認定証発行はございません。

 

<問い合わせ先>

公益財団法人 日本ラグビーフットボール協会 安全対策委員会

齋藤守弘  m.saito@rugby-japan.or.jp

塚崎有   yu.tsukasaki@rugby-japan.or.jp